スポーツ

「2010FIFAワールドカップ開幕直前SP」の企画で前ワールドカップ日本代表の中田英寿と南アフリカワールドカップ日本代表の本田圭佑が対談を行った。

中田は4年前、最後まで自分を貫くことができず後悔していたことを告白した。
「攻撃的に良いプレーをしてる」と評価する本田に自分の後悔と経験を伝えた。

中田によれば、わがままなプレーを続ける選手は、結果が伴わなければ「バカ」、結果を出せば「ヒーロー」になるという。

中田は前回大会では、周囲との溝を埋めることができず孤立してしまい、その溝を埋めるために、競技生活の最後の最後で、自分のプレーを犠牲にして、バランスを取って自分を周囲に合わせ、守備に貢献することを選択した。
にも関わらず惨敗という結果で現役生活を締めくくることになってしまったことが一番の心残りだという。

中田は「周りに合わせないで、自分を出すプレーを続けてほしい。(自分自身は)4年前、それができずに後悔した。どれだけわがままになれるか。最高といわれるか最悪といわれるか、どっちかであってほしい」と告げた。
世界で昇り詰めたいのであれば、たとえヒールになったとしても、ワールドカップで負けたのはお前のせいだと言われたとしても自らのスタイルを貫くよう本田にエールを送った。

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部