ファッション

コンタクトが普及したのにも関わらず、最近街でよく見掛けるメガネショップ。
手頃な値段で、若者を中心にファッションアイテムとして人気を集めているが、そのメガネはどれくらい人の印象を左右するのか、4/16放送の所さんの目がテン!で検証された。

メガネを掛けている人のイメージを街頭調査したところ、圧倒的に多かったのが「頭が良い・知的」というイメージだった。
果たしてそのイメージは、どれほどのものなのか実験を行った。
2名のうち1名がメガネを掛けて写真撮影し、どちらが頭が良さそうに見えるか街で聞いてみるというものだ。
結果は、メガネを掛けた人の圧勝だった。
メガネを掛ける人を入れ替えて再度行ったが、やはりメガネを掛けている人の方が圧勝した。
なぜ、メガネを掛けている方を選んだのか理由を聞いてみると、「知的に見える」「本を読んでそう」「研究者みたい」という意見が多く、かなり頭が良く見えているようだ。

果たしてメガネを掛けている人は本当に頭が良いのか、ここでも実験を行った。
被験者は、普段はコンタクトをしていて、時々メガネも使っている男女8人。
20個の数字を3分間でどれだけ覚えているか、というものだ。
最初のグループは、まずは普段通りコンタクトレンズをつけて挑戦してもらい、続いてメガネに替えて他の問題に挑戦してもらう。
すると、1人を除いて4人中3人が得点が上がるという結果になった。
別のグループには、先にメガネを掛けてテストを受け、その後にコンタクトレンズで受けてもらった。
結果は、4人中3人がメガネを掛けた方が点数が高かった。
見た目だけでなく、メガネを掛けると本当に頭が良くなるという結果になった。

メガネを掛けた方が点数が上がる理由について、専門家は以下のように説明している。「メガネを掛けると視野が狭くなり、見ているものに注意力が集中する効果がある。これは、トンネルビジョンの影響だと考えられる。」
トンネルビジョンとは、視力が悪い人がメガネを掛けると、フレームの外はぼやけてよく見えない。ハッキリと見える範囲が狭くなり、集中力が高まりやすくなるということ。

しかし注意点として、これは一時的な現象で慣れの問題もあるため、メガネを掛けている人が全員集中力が高いわけではないそうだ。

1/22放送の所さんの目がテン!で、秋葉原のオタクの謎を解明する実験が行われた。

オタクのイメージを街頭で聞いてみた結果、多くの人は「赤いチェックシャツを着ていそう」と答えた。

本当にオタクの人はチェックを着ているのか、実際に表参道と秋葉原で500人の通行人を調査してみた。
チェックの服を着ている人を数えてみたところ、表参道は19/500人、秋葉原は63/500人と秋葉原が3倍以上多い結果になった。

なぜチェックの服を着るのか尋ねてみると「なんとなく・・」と、ほとんどの人が無意識にチェックを選んでしまっているようだ。

ここでどんな服装が相手の印象に残るか実験を行った。
4人の男性に4タイプの柄のシャツを着てもらい、スピーチを行う。
対面したリスナー(被験者)に後から4人の着ていたシャツの柄と色を当ててもらうというものだ。
4タイプは「無地一色」、「ドット柄」、「ストライプ」、「チェック柄」。
実験の結果は、ほぼすべての被験者がチェック柄のみ正確に思い出すことができなかった。
専門家によるとその理由は、意識的に覚えようとしていない場合、複雑なものほど記憶に残りにくいため、4タイプのうち最も複雑な柄であるチェック柄がもっとも記憶されにくいということだ。

上記の専門家は、オタクにチェック柄が好まれる理由を以下のように説明している。
「チェックは他の柄に比べて印象に残りづらく、目立たない。その為、普段人から注目を浴びたくない場合チェックを選んでしまう傾向がある。」

赤やピンクの無地のシャツを着るのに勇気がいるが、チャックになると全体がぼやける為、着られるという人も多い。
チェックはシャイな性格のオタクが無意識的に選んでいしまういわば保護色のような柄なのだ。

11/8放送の「しゃべくり007」に、読者モデルとして人気急上昇中のAMOとAYAMOが登場した。
出演者は、ネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアル。

AMO、AYAMOは青文字系ファッション誌zipperのカリスマ読者モデル。
AMOは読者モデルながら、ブログに一日平均20万件のアクセスがあるほど人気である。
AYAMOの個性的なファッションはAYAMOの”A”をとってAカジと呼ばれているほど。
二人のブレない生き方が支持されて、女子中高生のカリスマとなった。

青文字系とは、ファッションスタイルの1つ。女性受けするカジュアルなファッションのことを指す。
男性受けする主にエレガンスなファッションのことを指す「赤文字系」に対するアンチテーゼ的な概念である。

「赤文字系」の語源の由来はファッション雑誌の「JJ」、「CanCam」、「ViVi」、「Ray」の4誌が表紙のタイトル文字を赤色にしていることにある。
それに対して、「青文字系」はあくまで赤文字系ファッションと対称をなすという意味合いから便宜的に「青文字系」と呼称されているため、かならずしも雑誌のタイトル文字が青色というわけではない。
実際、代表的な青文字系ファッション雑誌とされる「sweet」や「spring」などの表紙のタイトル文字は青色ではない。

番組に登場したAMOのファッションは、フリフリのブラウスに、フリフリの靴下。
現代版のマリー・アントワネットを意識したということで、ポイントはフリフリだそう。

AYAMOは、ロックがテーマ。
腕にはトゲトゲ状の装飾を多用していた。
お洒落に我慢は付きものと言っていたが、太ももにトゲトゲが刺さった跡が散見された。

二人は、出演者のスーツ姿を見て、もっと個性的に着てほしいと語った。
そして隣に座っていた名倉に原宿系ファッションをレクチャーすることに。

まず、ネクタイはキャラ物やフルーツ柄をアドバイス。
続いてAMOは、さくらんぼの大きなイヤリングと缶バッジを名倉に付けてみる。
そしてAYAMOも、トゲトゲを名倉の腕に付け、バンダナを頭に巻きつけた。
二人はオシャレ!似合う!と名倉を大絶賛。
名倉もまんざらでもなくなってきたのか、自ら靴下の中にスーツを入れてみたり、腕まくりをしたりしていた。
仕上がりはまさに原宿系のようになっていた。

二人が注目しているこの秋冬のアイテムは、動物の耳付きのファーの帽子だそうである。

この冬は個性的な青文字系ファッションが街中を席巻するかも!?

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部