2010年 4月

インパルスの板倉俊之は、ロバートと同期ということもあり、山本博と深い交友関係があるという。
トリオではツッコミ担当に位置づけられているが、仕事でもプライベートでの山本の天然ぶりには驚かされるらしい。
板倉:スタジオで収録がありまして、僕が車で帰ろうと地下に下りたときに、メガネを忘れたって気付いたんですよ。
で、山本くんに電話して、「上にまだいたらメガネをもってきてくんない?」っていたら…
2、3分したら山本くんが僕のメガネをかけながら登場したんですよ。
これも、あれ突っ込んだ方がいいかなって感じだったんですけど、一応そこはスルーさせていただいて。
小堺一機:仕事じゃないしね。
板倉:はい。で、「あったよ。」(山本)みたいな。「でも、これ板さんのメガネ凄いよく見えるね」(山本)って。
ダテメガネなんですよ。
小堺:よく見えるとか関係ない、ただのガラスでしょ。
板倉:ただのガラスなんですよ。で、それも、ダテだよっていうのもスルーさせていただいて。
次の日、二人とも休みで、どっか遊びに行こうよみたいになってたんですけど。
じゃ、どっちかが車出さなきゃいけない、っていったときに、僕がメールでやりとりしていたんですけど、じゃ「メールジャンケンしようぜ、せーので送ろう」って。
まずチョキが送られてきたんですよ。それ見て僕がグーを送り返したんですよ。
そしたら次の日ブーンっていって来ましたよ!
(ごきげんよう より)
「メガネなんだからよく見える」「メールで同時にジャンケンした」
山本博は全部肯定して信じてしまうキャラクターらしい。
板倉曰く、何の疑いもなく生きているとのこと。
過去にもイカサマ勝負に騙されて食事代を払い続け、山本はみんなの財布
と評されていた。
疑うことを知らない天然ぶりは相変わらずのようだ。

現役自体は野球一筋で髪の毛を伸ばしたことがなかったという元木大介。
引退後は髪の毛を伸ばし、色々な髪型に挑戦できることを喜んでいた元木だが、
どんな髪型が似合うか妻の大神いずみにアドバイスを求めたところ、
なんと「そんなことどうだっていい。長髪自体似合ってないし、みっともないし、汚らしい!」
とブチ切れたられたという。
大神の真意とは?
大神:冷静になってくださいね。これ(長髪)似合っていると思います?
今、おバカキャラっていうので仕事しているわけですよ。
バカなんです!
浜田雅功:それは野球しかやってきてないの知っているやんか!
大神:かっこつけなくていいのに、美容院にいって、V6の岡田君の写真見せてこれとおんなじにしてくれって…
だから間違ってるんですよ!自分の行きたい方向が!
浜田:じゃあじゃあじゃあ、嫁としてどんな髪型にして欲しいわけ?
大神:選手の時代はずっと短かったじゃないですか。
結婚式のときの写真なんてほんとにお寿司屋さんみたいな髪型ですよ?
痩せているし…
今はこんなになっちゃって…
大神:わたしはとても客観的にアドバイスしたわけですよ。
それを伸ばしたらキレたとは、何事かと!?
(イチハチ より)
大神としては、夫のおバカタレントの仕事にカッコつけは蛇足だという。
野球に打ち込んでいたころの素朴な外見が元木本人に似合っているということらしい。
おしゃれを楽しみたい元木大介としては、家庭では髪型ひとつでキツイことを言われたくないようだが、髪型ひとつでタレント活動のマネージメントまで考えているあたり、大神が一枚上手といったところか。

江守徹といえば、文学座で頭角を現し、今や重鎮的な存在である。
その文学座の芝居の旅公演で京都を訪れた際に、意外な体験をしたという。
公演が終わって、仲間とゲイバーに飲みに良くと、ゲイボーイのママが執拗に自分の本名を気にしていたと言うのだが…
飲んでいるときに仲間の一人がね、「おい、江守、ここのママがお前の本名知りたがってるよ」っていうからさ。
「本名?いいや、オレの本名なんかそのママが知ったってどうってことないよ」っていったんだよ。
でまあ、ついでかなんかあったときに、トイレかなんかにいくときに…
すれ違ったときに「キミ、オレの本名知りたがってるの?」っていったら、「あんた、あたしの小学校の同級生よ」ってそのママが。「ええ?」って言って。
僕は東京の板橋の小学校だからね。
それは京都だから、祇園の、八坂神社の。
「誰だよ?」って言ったら「当ててよ」ってなんとなく女っぽい目線で上目遣いでいうんだよ。
わからないから「ヒントを言えよ」っていったら「いやいや当ててよ」ってちょっとニコってするんだよ。
そしたら歯が欠けてたの。それでああ!って思い出したわけ。急に。
歯が欠けててちょっとニコッと笑ったときの顔を急に思い出して。
「おお!ぽっぽか!?」
(ライオンのごきげんよう より)
本人が言うには、実に30年ぶりの再会を果たし、あまりの懐かしさにしばらくその場で熱い抱擁を交わしてしまったという。
それを仲間に見られてしまったそうだ。
おまけに夜通し飲み歩いて朝帰りをしたという。
その後、江守徹がゲイだという噂がまことしやかに流れたのは想像に難くない。

親友大桃美代子の知人男性と結婚した高木美保。
新婚ホヤホヤで幸せオーラを醸しながらも、
新婚生活では尋常ではない夫の食の好みに困っているという。
一緒に食事に行くときなど意見がわれてしまい早くも微妙なヒビが!?
高木:うちの夫は真っ赤です。食べるものが全部。
小堺:えぇ!?
高木:本当に。最初に白いお魚が出てても、ふと見ると赤くなってる全部。パウダーとか韓国料理屋さんであるじゃないですか。ブワアアアアーっと全部敷き詰めちゃうんですよ。
小堺:もともとそんなに辛くないものも辛くしちゃうんですか?
高木:辛くしちゃうんです。
小堺:へぇ…
高木:だから辛いカレーを出しているところのお店の方が、「そんなに辛くて大丈夫ですか?」ってびっくりするぐらい…
小堺:え?でも「おいしい。おいしい。」ってご本人は?
高木:そ、歩く地獄みたいな感じ。
蝶野:いや、まだ、若いからですよ。年取ってきたらだんだん薄口になってきますよ。男も。
高木:いえ、もう48なんですけど。
蝶野:すごい…
夫は異常なほど辛いものが大好きだというのに、高木本人は辛いものが大の苦手だという。
味の好みがここまで対極にあるとなかなか歩み寄るのは難しいか。
しかしそこまで何でも辛くしてしまう夫ならば、少々料理に失敗しても辛味でごまかしてしまえるという甘味もある!?

お金を貯めるには無駄遣いは厳禁!?
今をときめく経済評論家の勝間和代によると人が一日に必要とする現金は食事やタクシーなどを考えて3000円程度。
それ以上はお財布に入れてはいけないという。
その極意とは?
勝間:なるべく現金を触らないようにする普段から。であと、電子マネーもたくさん使って。全部記録残るじゃないですか。
人間は一回現金にしちゃった瞬間バンバンなくなって、用途がわかんなくなっちゃうので、なるべく現金は持ち歩かないし、現金使わないということですよ。
わたしたちは感情に任せると絶対にお金って貯まらないんですよ。
松岡修造:感情はいけないと?
勝間:持ってると使っちゃうし、見ると怖くなって売っちゃうので。
なので、全部なるべくどうやって自分の感情の入る余地をなくすかというのがお金を貯めるポイントなんですね。
スザンヌ:ええええ。
勝間:だからおまえは青い血が流れているんだとよく言われるんですけど、それはほっといて。
(松岡修造presents いまホンキで聞きたいコト! より)
力説する彼女の財布は実際にどうなっているのかをウェンツ瑛士がチェックを要求したところ、
楽屋から彼女の財布がスタジオに登場。
本当に現金は1000円札2枚と硬貨700円しか入っていなかったのである。
他に財布に入っていたのは年会費無料でポイントのたまるクレジットカードやキャッシュカードのみだった。
国生さゆりは早々と「無理」と宣言していたが、芸能人や著名人には到底受け入れられない節約法なのだろうか。

『クイズ!ヘキサゴンII』にレギュラー解答者として出演するようになり、おバカタレントとして大ブレイクした俳優のつるの剛士。
年初はまるまる2ヶ月間の育児休暇を取ったことで「イクメン」「育児パパ」として話題になった。
そんなつるの剛士が長男と水族館に行って大変な目にあったという。
つるの剛士:近くに水族館があるんですけど、水族館に行ったときに、近所の小学生の団体さんがいらっしゃっていて…それで僕に気付いたんですよ、小学生の子が。
『アレ?つるのじゃね~!』
久本雅美:小学生がつるのじゃね~?呼び捨てだよね~。
つるの:まず呼び捨てじゃないですか!
それで、団体だったんで、いつもだったら『ハ~イ!』なんて言うんですけど、嫌な空気になると思って、一回スルーしたんですよ。
久本:大変だ、収拾つかなくなる。
そしてら向こうは盛り上がって友達連れてきて『つるのだよ!』って。
それでも僕ずっと無視していたんですよ。
あまりにも無視するもんだから、向こうも腹がたってきたというか、だんだん、こう、なんとか気を向かせようとして、言ってる言葉がだんだんエスカレートしてくるんですよ。
『ウルトラマンってもう古いよなぁ』
『羞恥心で一番オッサンじゃねえかよ』
久本:カチンと来るよね?気を引くような、ムカツクような。
つるの:なんとかして気を引かせようとするんですよ!子どもが!
あの時の対処法ってどうするのかな?
(メレンゲの気持 より)
団体の小学生に絡まれて、どうにも対処できなくなってしまったようである。
他人の子供を叱りつけることがはばかられる時代になってしまったこともあり、一筋縄には行かない問題だ。
芸能人であるがゆえの有名税として受け入れるしかないのだろうか。

女性の3人組コーラスグループ「PLΛTINUM」。
YUCCO、Ina、wakaの幼馴染3人で音楽活動をスタートした。
2010年4月21日発売のニューシングル「Tears of rain 」は「音風♪」の2月度オープニングテーマを飾った。
片想いを歌ったこの曲にはYUCCOの忘れられない失恋秘話が関係しているというが…
YUCCO:これは片想いの曲なんですけど、自分の愛する人には別に愛する人が他にいて、その二人の幸せを、口では「幸せになってね」って言うっていうか、思うんですけど、本当の心の中は愛する人の幸せを願いたいのに願えない、という心の中の心境というか、切ない気持ちを歌った曲です。
MC RYU:切ないね!
waka:好きだったらそうなるよね。なりません?自分が好きだったら相手に(別に好きな)相手がいたら「幸せになってね」なんて…。わたしの気持ちはどこいくの?って感じになるじゃないですか。
MC RYU:まさにそう!これは人生ずっと永遠のテーマですね…
(音風♪ より)
もうこれ以上進むことのない、でも消し去れない苦しい恋心を綴ったバラード。
好きになっていけない人を好きになってしまった、女性の心の葛藤を音楽でも表現しているという。
YUCCOが好きになってしまった人は妻帯者だったのだろうか。
2010年2ボーカル1MCから3ボーカルのコーラスへと変貌したPLΛTINUMの今後に注目したい。

若者から支持を得ている人気ファッションモデルの清宮佑美。
気になることばを徹底調査するバラエティー「みんなでニホンGO!」に出演し、
渋谷ではやりのギャル語「パネエ」について語った。
職業柄もあり、若者の流行の最先端にいることを自負する彼女だがそこには意外な落とし穴が…
船越:今日「パネェ」ときましたね。パネェって正直使う?
アンタッチャブル山崎:僕はあんまり言わない。尋常じゃないとか。雰囲気的には。「ハンパない」まではいけても「パネェ」までは置いていかれていますね。
船越:俺も完全に置いていかれていますね。使いませんね。ゲストの中で使う方いますか?
清宮:使いますね。昨日浜田ブリトニーさんをカラオケで見たんですよ。エレベーター一緒だったんですけど、パネェって言ってました。普通ですよ。渋谷じゃ。
パネラー(渋谷の若者たち):使わなーい!
船越、山崎:言わない?もう言わない?もう違うの?
パネラー(渋谷の若者たち):一回通り越して戻っちゃいました。
山崎:むしろハンパねぇの方が使う。なるほどね。
清宮:一周しちゃってる!?
山崎:戻るって鮭みたいな感じかな?鮭的な感じになっている?渋谷は?
(みんなでニホンGO!より)
渋谷では「パネェ」を普通に使うと得意げに語った清宮佑美だが、当の渋谷の若者たちに即否定されてしまい赤っ恥。
どうやら浜田ブリトニーが未だに「パネェ」を使い続けているのを見て、勘違いしてしまったようだ。
今年で25歳を迎えた彼女だが、若者代表はもう限界かもしれない。

ゴキブリといえば、その凄まじい生命力と黒光りしている姿から、
苦手な人も多いことだろう。
人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志はがゴキブリのトラウマを語った。
その内容とは・・・。
松本: 俺、マンションもゴキブリ出たら引っ越すんやもん!!
aiko : わかる~!!そうですよね。
松本: もう、気持ち悪くてしゃーない!!
浜田: どうせ、バンって潰すでしょ!?
松本: いや、もうホンマに・・・ホンマにトラウマなんですよ。1回ゴキブリをバンって潰して、フッて視線を感じて(振り返って)見たら、大ゴキブリが(こっちを)見てた・・・。『あーっ!!!』ってなって。
マジで!!!
浜田: 見てたぐらい構わへんやん。
松本: めっちゃ、恐かったですもん。
(HEY!HEY!HEY! 引用)
一匹部屋にいれば数十匹はいるといわれるゴキブリ。
一匹を潰して退治したときに、別の大きなゴキブリが見ていたように感じたようだ。
そのことがトラウマとなり未だに引きずってしまっている。
それにしてもマンションにゴキブリが出ただけで引越しをするというのもすごい話である。
いくら引越し先があっても足りなそうだ・・・。

気さくで飾らない人柄で人気を得ている女優の高畑淳子。
近年は、ざっくばらんなトークでバラエティ番組にも数多く出演している。
今年で56歳を迎える彼女を酷い物忘れが襲っているというが・・・
久本: 最近、物忘れがひどいって聞いたよ。
高畑: そうよー。
久本: 最近どうよ。物忘れひどくなっちゃった?
高畑: ひどい、ヒドイ。「えっと、何するんだっけ?」みたいなことばかり。さっきも行こうって、あれ何するんだっけ?・・・あっマイクつけるんだみたいな。 だから、次の日に持っていくものとか全部玄関に置いとくの!
久本: 私も!私も!忘れないように、全部玄関においておく。
高畑: 玄関に全部並べておくの。想像つかないでしょ?
桜井: うーん・・。持っていくものは忘れなそう。全部かばんに入れたらいいじゃないですか。
久本: かばんに入れたことも忘れちゃう。靴履くときに、「これ持っていかなきゃいけないな」って目に入らないとダメなんだよね。
高畑: そうそう、そうそう。
(メレンゲの気持ち 引用)
人間の脳は50代をピークに老化現象が始まるといわれている。
老化現象から生じる生理的な物忘れであれば、それほど心配はないが、物忘れが病的な原因から 生じる場合がある。
怖いのが認知症だ。
感動と刺激と笑いのある生活を心がけることが認知症の予防につながるという専門家の意見もある。
高畑淳子に認知症の心配は不要か。

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部