2010年 11月

11/24放送の、シルシルミシルでは中国人の漢字の使い方が取り上げられた。
視聴者の身近なギモンを調査するコーナーで、視聴者から「日本人は漢字を忘れたとき平仮名を使いますが、中国人はどうしているのですか?」
という質問が寄せられた。

<出演者>
番組進行:くりぃむしちゅー
ご意見番:いとうせいこう
パネラー:バナナマン、マリエ

ビーチャイニーズ新宿校の中国人の先生に実際に尋ねてみたところ、漢字を忘れた時の対処法は、2つあるそうだ。

1つ目は、漢字を「ピンイン」で表記すること。
ピンインとは、中国語の発音をアルファベットで表すもの。
これは、日本語のひらがなやカタカナをローマ字表記するのと同じようなもの。
例えば、「日本人」という単語は中国語でリベンレンというのだが、ピンインで表記するとribenrenとなる。
この時、真ん中の「本」という字を忘れた場合、本のピンインであるbenを書き、「日ben人」と書いて凌ぐようだ。
ピンインは、パソコンや携帯メールでも使用されている。

2つ目は、同じ発音の別の漢字を使って代用すること。つまり当て字だ。
例えば、「日本人」の「本」という漢字を忘れた場合、リベンレンの同じベンと発音する「奔」などの漢字をあててごまかすそうだ。
(本、奔、笨、畚、賁など)
見た目の問題もあり、ピンインを用いるよりも、発音が同じ漢字でごまかす事の方が多いらしい。

ここで、日本と中国の漢字の違いが取り上げられた。
日本でも中国でも漢字を使うが、同じ漢字でも全く意味が違う単語がたくさん存在する。
たとえば手紙という単語は中国語では、トイレットペーパーという意味。
手紙を下さいと言うと、トイレットペーパーが送られてきてしまう。

大丈夫という言葉は日本では問題のないことを意味するが、中国では立派な男性を意味する。
女性に「大丈夫?」と言うと、「男?」と言っている事になるので注意が必要だ。

日本では女の我が子を娘というが、中国で娘は母親を意味する。
中国で「娘がかわいい」というと、マザコンにとられてしまうので注意が必要だとか。

また経理はお金の計算などをする仕事だが、中国では社長を意味する。
そして部長は、大臣を意味するため、経理部長は社長大臣となってしまい、意味がわからなくなってしまう。

中国の漢字の数は約6万字以上あるそうだ。

その中で最も画数の多い漢字は、テツと読む漢字。
龍をという文字を4つ使用する。
———-
龍龍
龍龍
———-
64画もあり、意味としては「口数が多い」ということらしい。

国字・当て字・俗字・略字など、日本語を表現するのに、特殊な漢字の使い方が生まれたことによって、日本と中国で漢字の意味が違ってきたのかもしれない。

11/24放送の笑っていいともでは、特殊な職業を解明するコーナーに「葬祭ディレクター」と呼ばれる面々が登場した。

一般的にあまり知られていない特殊な職業の人々をスタジオに集めて、質疑応答によってその実態を解明するコーナーである。
葬祭ディレクターの中島衛さん、源川準さん、富樫明彦さんの三人が登場した。

葬祭ディレクターとは?
・お葬式の準備、進行、故人に合わせた演出を一手に担う。
・遺族の心のケアも行う。
・資格として2級、1級がある。
(厚生労働省認定の準国家資格。しかし、葬祭業者に義務付けられた資格ではない。)

向いている人は?

・表面には出ない悲しい気持ちを思いやれる優しい人。
・不測の事態にも対応できる精神力。

向いてない人は?
・体力のない人。
・空気の読めない人。

年収は?
・400万円から1,500万円ぐらいでかなり幅がある。

一日の仕事の内容は、社内ミーティングから始まり、寝台車の洗車、病院やお寺への挨拶など毎日忙しいようだ。

実際にあった葬式でのハプニング

・出棺するときに遺族が、「やめて!」と止めてきた。
・通夜に借金の取り立てがきた。
・夫の火葬現場に愛人が来て、けんかになった。
・故人の写真を集合写真から引き伸ばしたら、間違えて隣の人を引き伸ばしていた。
・火葬場が漏電で火事になった。

最近人気の葬祭演出は?
・メモリアルDVDを流す。
 (結婚式の時の様に、出生時から亡くなるまでの写真を編集して流す。)
・故人の思い入れのある曲を流す。
・死に化粧をすること。
 (映画「おくりびと」の影響で広まった。しかし、生前の化粧に近づけなければいけないのでとても難しいらしい。不自然にならないように、寝顔を意識して化粧をするのがポイントだそうだ。)

葬祭ディレクターの職業病は?
・電話の音に敏感になる。
(いつ呼び出されるか分からないため、お酒は飲めない。)
・人が死んでも悲しめない。
・お寺や神社の前を横切るときに一礼してしまう。
・「家族」を「遺族」、「祝電」を「弔電」と言ってしまう。
・土日よりも友引が気になる。
(友引は火葬場が休みだったり、暦ではお葬式がない日に当たる。)

葬祭ディレクターは友引の前夜を「引き前」と呼称しており、飲みに出かける人が多いようだ。
葬式と聞くと暗い地味なイメージを持っていた人が多かったようだが、映画「おくりびと」の影響で従来のイメージはだいぶ払拭されたという。
加えて自分の最期を華やかに飾りたいという人も増えているらしい。

葬祭ディレクターの職は今後ますます注目度を増していくだろう。

11/20放送の、王様のブランチのジャックと豆知識というコーナーで、今話題の海上自衛隊のカレーが取り上げられた。

リポーターは、蒼あんな・れいな。
ブランチリポーターの27期生で、一卵性双生児姉妹である。

今回蒼姉妹が乗船したのは、「掃海母艦うらが」という船。

掃海母艦の仕事は、機雷の除去・食料や燃料の補給である。
訓練は長くて何週間に及ぶこともある。
その為、自衛隊は陸海空とあるが、海上自衛隊のみ調理専門職を育成している。

人気メニューはなんと言ってもカレー。
何でも、毎週金曜日はカレーの日と決まっているそうだ。
これは、訓練が長い隊員たちが曜日感覚を忘れないようにという意味もある。

調理をする際には、船だと火が使えないため、蒸気釜を利用している。
そして、何と23種類の食材を使うそうだ。
作り方
1、にんにく・バター・サラダ油を蒸気釜に入れてなじませる。
2、鶏肉・玉ねぎ・にんじんをたっぷり入れていためる。
3、火が通ったら、鶏がらスープをとじゃがいもを入れて煮込む。
4、とんかつソース+ウスターソース、カレー粉+ガラムマサラを加えて混ぜ合わせる。
5、続いて、牛乳+イチゴジャム+赤ワイン、しょうゆ+コンソメを加える。
6、そして仕上げに、デミグラスソース+ケチャップ、チーズ、カレールー×3種類を入れる。

家庭でも真似出来るポイント!
・玉ねぎは半分に分けて炒めて、甘みと食感を引き出す。

各艦ごとに、自慢のレシピがあるそうだ。
試験艦あすかのポークカレーは、キウイ・りんご・ヨーグルトでまろやかさを出している。
そして、味を引き締めるために、隠し味にチリソースを使っている。

護衛艦やまゆきの牛すじの煮込みカレーは、隠し味に焼き肉のタレ・生クリーム・牛乳を入れて、牛すじに合うコクを出している。
また、カレールーを焼くことによって、香ばしさをプラスできる。

護衛艦しまかぜのしまかぜカレーは、隠し味にビーフシチューの素を入れることによって、旨味をアップさせている。
カレールーを入れたら、1時間ほど寝かせて、まろやかにして醤油で味に深みを出す。

カレーを作ることが、若手の登竜門というほど各艦にこだわりがあるそうだ。
海上自衛隊のカレーに対する情熱には目を見張るものがある。
長期間に及ぶ海上での生活が求められる仕事なので、健康や体力を考え、食事に力を入れているのだろう。

参考
海上自衛隊レシピ

11/13放送の「世界一受けたい授業」で、イケメンとハンサムの違いを科学的に取り上げた。
この番組は、1限から3限まで各界のスペシャリストを講師として招き、授業をするという形式になっている。

学校という設定なので、校長や教頭なども存在する。
校長 堺正章
教頭 上田晋也(くりぃむしちゅー)
学級委員長 有田哲平(くりぃむしちゅー)
ほか生徒ゲスト
小野健斗、麒麟、高橋英樹、藤本美貴、細山貴嶺、益若つばさ、松本明子、柳原可奈子

この日の1限目は、ムダサイエンティストの平林純先生が担当した。

近年メディアでも当たり前のように出てくる言葉であるが、顔が格好いい男性を表す「イケメン」という俗語がある。
「イケてる(いかしている)」「面」ないし「men(男性)」という意味だ。
美男子や顔立ちのいい男性を表す言葉としては、ハンサムという言葉が存在するが、境界線はどこなのか?
一例として、坂口憲二が出た。坂口憲二は、イケメンなのか?ハンサムなのか?
生徒達はイケメンとハンサムの半々にわかれた。
有田哲平は、「ハンサムは古い感じがする。」とイケメンを選んだ。
一方、麒麟の川島は、「ハンサムの方が、がっしりした骨太な感じがする。」とハンサムを選んだ。
益若つばさは、「顔が本当にカッコイイイのがハンサムで、イケメンはオーラがカッコイイ人かなぁ。難しい。」と自信のない回答。

平林氏はこれを検証するために、ある調査を行ったという。
10代から60代の女性200人を対象(統計学上の有効数になるという)に、以下の10人がイケメンかハンサムかを電話と街頭でアンケートを行った。
・市原隼人
・小栗旬
・唐沢寿明
・坂口憲二
・佐藤健
・真田広之
・竹野内豊
・永井大
・三浦春馬
・渡辺謙

結果
イケメン
・佐藤健(21歳) 181票
・市原隼人(23歳) 171票
・小栗旬(27歳) 170票
・三浦春馬(20歳) 163票
・永井大(32歳) 125票

ハンサム
・坂口憲二(35歳) 113票
・竹野内豊(39歳) 152票
・唐沢寿明(47歳) 160票
・渡辺謙(51歳) 179票
・真田広之(50歳) 183票

見事に年齢によって段階的にイケメンからハンサムに変化している。
ハンサムという言葉が古くから存在するのに対し、イケメンは2000年代に流行し定着した。
言葉の「時代感」が影響しているのだろう。

平林氏によると、30代前半から30代後半のアラサーとアラフォーと呼ばれているところあたりが、イケメンとハンサムの境界線であるという。

11/8放送の「しゃべくり007」に、読者モデルとして人気急上昇中のAMOとAYAMOが登場した。
出演者は、ネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアル。

AMO、AYAMOは青文字系ファッション誌zipperのカリスマ読者モデル。
AMOは読者モデルながら、ブログに一日平均20万件のアクセスがあるほど人気である。
AYAMOの個性的なファッションはAYAMOの”A”をとってAカジと呼ばれているほど。
二人のブレない生き方が支持されて、女子中高生のカリスマとなった。

青文字系とは、ファッションスタイルの1つ。女性受けするカジュアルなファッションのことを指す。
男性受けする主にエレガンスなファッションのことを指す「赤文字系」に対するアンチテーゼ的な概念である。

「赤文字系」の語源の由来はファッション雑誌の「JJ」、「CanCam」、「ViVi」、「Ray」の4誌が表紙のタイトル文字を赤色にしていることにある。
それに対して、「青文字系」はあくまで赤文字系ファッションと対称をなすという意味合いから便宜的に「青文字系」と呼称されているため、かならずしも雑誌のタイトル文字が青色というわけではない。
実際、代表的な青文字系ファッション雑誌とされる「sweet」や「spring」などの表紙のタイトル文字は青色ではない。

番組に登場したAMOのファッションは、フリフリのブラウスに、フリフリの靴下。
現代版のマリー・アントワネットを意識したということで、ポイントはフリフリだそう。

AYAMOは、ロックがテーマ。
腕にはトゲトゲ状の装飾を多用していた。
お洒落に我慢は付きものと言っていたが、太ももにトゲトゲが刺さった跡が散見された。

二人は、出演者のスーツ姿を見て、もっと個性的に着てほしいと語った。
そして隣に座っていた名倉に原宿系ファッションをレクチャーすることに。

まず、ネクタイはキャラ物やフルーツ柄をアドバイス。
続いてAMOは、さくらんぼの大きなイヤリングと缶バッジを名倉に付けてみる。
そしてAYAMOも、トゲトゲを名倉の腕に付け、バンダナを頭に巻きつけた。
二人はオシャレ!似合う!と名倉を大絶賛。
名倉もまんざらでもなくなってきたのか、自ら靴下の中にスーツを入れてみたり、腕まくりをしたりしていた。
仕上がりはまさに原宿系のようになっていた。

二人が注目しているこの秋冬のアイテムは、動物の耳付きのファーの帽子だそうである。

この冬は個性的な青文字系ファッションが街中を席巻するかも!?

11/4放送の笑っていいともで、アンケートのランキングを当てるクイズが企画され、女性誌の特集が題材に取り上げられた。

この日のメンバーは、笑福亭鶴瓶・山口智充・チュートリアル・ロッチ・佐々木希。
ゲストには、磯野貴理とケンドーコバヤシが登場した。

テーマは「買いたくなる女性誌の〇〇特集といえば?」

各世代の女性に聞いた結果は以下の通り。

20代

1位 ダイエット
2位 占い
3位 恋愛
4位 スイーツ
5位 着回し術

30代

1位 ダイエット
2位 スイーツ
3位 美容
4位 婚活
5位 絶景パワースポット

40代

1位 ダイエット
2位 メイク・コスメ
3位 グルメ
4位 セレブ
5位 ヘアアレンジ

50代

1位 グルメ
2位 旅行
3位 温泉
4位 健康
5位 デパ地下

(各世代の女性100人にアンケート・番組調べ)

やはり女性の興味は、ダントツでダイエットに集中している。
スイーツ(グルメ)はどの世代にも共通して入っていた。
そして今話題の婚活特集も30代の4位にランクイン。

また、ロッチのコカドが「女性誌が好きでよく立ち読みしている。ananなんかも読んでいる。」という発言で、会場から「え~~!」と言われる一幕もあった。
しっかりとテーマが絞りこまれていると対象にしている女性以外の興味も惹き付けるということか。

ケンドーコバヤシは韓流スターを挙げていたがランキング外であった。
テレビ側が人気を煽るものと視聴者側の女性の興味が必ずしも一致するわけではないことを物語っている。

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部