今週はエコ週間!しゃべくり007メンバーの意外なエコ習慣とは?

現在、日本テレビ系列が推進しているエコウィークをご存知だろうか。
エコウィークとは日本テレビ系列が、2004年から毎年6月5日の世界環境デーを含む一週間を通して環境問題に取り組むキャンペーンである。
“Touch!eco”が合言葉として使用されている。

5月31日放送の「しゃべくり007」では番組の冒頭でメンバーが取り組むエコについてトークが展開された。

上田:いま、エコウィークですから。何かやってます?エコなこと。
名倉:なんやろ?うちは全部奥さんが色々やっているから。(ペットボトルなどの)キャップを集めて渡すとか。
上田:おまえとかやってるの?
有田:僕ね、実をいうとテレビを買ったんですよ。新しいね。今、テレビを買ったらエコポイントっていうのが付いてくるの知っています?
名倉:付いてきますね。
有田:それを受け取らないっていうエコをやってる。
上田:それは受け取っていいんじゃないかな?
有田:エコポイントを受け取らないから相当エコでしょ?
徳井:それはエコ…
上田:イイやぁ…
徳井:エコ商品を買ってくれてありがとうの気持ちを…
有田:いりません!どうぞ使ってください!
徳井:ええ!
有田:他に回してください!
原田:新しい!新しいね。
堀内:でもさ、ビニール袋を「いりません」ってエコを俺してるから、持てるモノはもつの。
原田:健はスゴいよ!どんなにいっぱい買っても、全部(袋無しで抱えて)持って帰るから!
(しゃべくり007 5月31日放送より)

エコポイントは史上初の巨額の財政投入による景気刺激策で、経済効果がなければ定額給付金に続く世紀の愚策という見方もあるほど。
ポイント還元だけでなく、その手続にも莫大な諸経費がかかるという。
しかもエコを掲げてはいるものの、実際は消費拡大や地デジの推進が目的なので買い替えによる家電ゴミの増加という問題もあり、本質的にはエコの精神に反しているともいわれている。
有田のエコポイントを受け取らないエコ活動は、冗談のようで本当のエコなのかもしれない。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部