ブブゼラの音で岡田監督の指示が聞こえなかったことが勝利の要因?

横浜の木村和司監督(51)が、15日、NHKのワールドカップ南アフリカ大会のダイジェスト番組にゲスト出演し、日本戦を振り返った。

木村監督は、現役引退後は解説者として飾らない物言いでサッカーファンを楽しませてきた。
今季横浜Fマリノスの監督に就任してからも、監督へのインタビューなどで木村節を披露している。
日本代表のエース中村俊輔に対するコメントでも、調子が上がらずプレーの精度を欠けば臆面なく苦言を呈する。

J1第12節京都戦後は中村俊輔に対し、「良くない。もっとコンディションを上げて、プレースピードを上げないとW杯ではいいプレーができない」と辛い評価を下している。

日本代表のカメルーン戦での試合ぶりについても歯に衣着せぬコメントで解説した。

岡田監督が必死に叫んで指示しているシーンでは、鼻で笑いながら、「でも聞こえないんだよね~」とコメント。

民族楽器ブブゼラの大合奏で岡田監督の指示が選手に聞こえなかったことがかえって良い結果につながったと分析した。

以前から日本代表は規律を重んじるが自由な発想がないことが問題点として指摘されてきた。
代表選手自らそう指摘する声もある。
「監督に言われることだけでは自分たちの良さを出し切れない」(闘莉王)
「このチームの長所は、言われたことを真面目にやろうとすること。
短所は、言われたこと以外やらない真面目さ」(長谷部)

ブブゼラの音は「レフェリーのホイッスルが聞こえない」「選手が集中できない」「監督や選手間の指示が通らない」「聴覚障害を引き起こす」など問題点が取りざたされてきたが、日本代表にとっては選手が自ら考えて行動せざるを得ない状況となったことで良い方向に作用したのかもしれない。

なお、次のオランダ戦に勝利すればグループリーグ突破だけでなくベスト4も現実味を帯びてくる。
日本代表の次戦に期待したい。

地上波放送予定
2010/06/19 20:10~22:40 テレビ朝日
2010FIFAワールドカップ 日本VSオランダ

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部