泰造よりも、上田よりも圧倒的に強い、AKB48秋元才加の「アレ」とは!

8月28日放送の「24時間TVの深夜コーナー 『朝まで生しゃべくり007』 にて、驚きの場面が放送された。

24時間TV内で、78kgのダンベルの片手持ち上げ回数の世界記録更新に筋肉隆々の外国人が挑戦するというコーナーがあった。

世界記録に挑戦する前に、「悪魔のダンベル」の異名を持つ、トーマス・インチ・ダンベルという78kgのダンベルがどれほどの重さなのか、そのコーナーに参加していたAKB48のメンバーに試しに持ってもらおうという話に。

コーナーに参加していたのは、篠田麻里子、小嶋陽菜、秋元才加であったが、最初に挑戦したのは、篠田麻里子。

持ち上げようと、両手で抱えるがビクともしない。
そこで、次に秋元才加が挑戦することに。

AKB48の筋肉担当という秋元が、ダンベルを持ち上げようと両手でダンベルを抱え、持ち上げようとすると、なんと驚くことに思いのほか簡単に持ち上がったしまったのだ。

驚く、一同。

「すごいね、よく当てたね。」
といった声が会場で湧き上がった。

その後、司会のクリームシチュー上田が
「(原田)泰造もやってみる?泰造力あるもんな?」
「ぼくね、(力)ありますよ」

ということで、原田泰造も挑戦することに。

まずは、片手で持ち上げようとチャレンジするも全く動かず
「うわぁ、マジで?」

思わず、両手で持ち上げようとするも、ほんの数センチ一瞬浮かすので精一杯。
「ほんとに、重めぇ!」

そして、上田にむかって、
「ちょ、ちょ、ちょっとやってみて。びっくりするよ!」
と上田にも持ち上げてみるようにと持ちかけた。

「78kgはなぁ~」
と自信がない上田と二人で持ち上げようとするも、あまり持ち上げられず。
「あ、ダメ、これほんとにだめだわ!」

と諦めモードになった瞬間にある事実に気づく。

「ほんとに・・っていうか、君凄かったねぇ!!」

と「AKBの筋肉担当」秋元の怪力にただただ驚くばかりの一同だった。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部