今、注目の青文字系ファッションとは??

11/8放送の「しゃべくり007」に、読者モデルとして人気急上昇中のAMOとAYAMOが登場した。
出演者は、ネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアル。

AMO、AYAMOは青文字系ファッション誌zipperのカリスマ読者モデル。
AMOは読者モデルながら、ブログに一日平均20万件のアクセスがあるほど人気である。
AYAMOの個性的なファッションはAYAMOの”A”をとってAカジと呼ばれているほど。
二人のブレない生き方が支持されて、女子中高生のカリスマとなった。

青文字系とは、ファッションスタイルの1つ。女性受けするカジュアルなファッションのことを指す。
男性受けする主にエレガンスなファッションのことを指す「赤文字系」に対するアンチテーゼ的な概念である。

「赤文字系」の語源の由来はファッション雑誌の「JJ」、「CanCam」、「ViVi」、「Ray」の4誌が表紙のタイトル文字を赤色にしていることにある。
それに対して、「青文字系」はあくまで赤文字系ファッションと対称をなすという意味合いから便宜的に「青文字系」と呼称されているため、かならずしも雑誌のタイトル文字が青色というわけではない。
実際、代表的な青文字系ファッション雑誌とされる「sweet」や「spring」などの表紙のタイトル文字は青色ではない。

番組に登場したAMOのファッションは、フリフリのブラウスに、フリフリの靴下。
現代版のマリー・アントワネットを意識したということで、ポイントはフリフリだそう。

AYAMOは、ロックがテーマ。
腕にはトゲトゲ状の装飾を多用していた。
お洒落に我慢は付きものと言っていたが、太ももにトゲトゲが刺さった跡が散見された。

二人は、出演者のスーツ姿を見て、もっと個性的に着てほしいと語った。
そして隣に座っていた名倉に原宿系ファッションをレクチャーすることに。

まず、ネクタイはキャラ物やフルーツ柄をアドバイス。
続いてAMOは、さくらんぼの大きなイヤリングと缶バッジを名倉に付けてみる。
そしてAYAMOも、トゲトゲを名倉の腕に付け、バンダナを頭に巻きつけた。
二人はオシャレ!似合う!と名倉を大絶賛。
名倉もまんざらでもなくなってきたのか、自ら靴下の中にスーツを入れてみたり、腕まくりをしたりしていた。
仕上がりはまさに原宿系のようになっていた。

二人が注目しているこの秋冬のアイテムは、動物の耳付きのファーの帽子だそうである。

この冬は個性的な青文字系ファッションが街中を席巻するかも!?

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部