オタクはなぜチェック柄のファッションを好むのか?

1/22放送の所さんの目がテン!で、秋葉原のオタクの謎を解明する実験が行われた。

オタクのイメージを街頭で聞いてみた結果、多くの人は「赤いチェックシャツを着ていそう」と答えた。

本当にオタクの人はチェックを着ているのか、実際に表参道と秋葉原で500人の通行人を調査してみた。
チェックの服を着ている人を数えてみたところ、表参道は19/500人、秋葉原は63/500人と秋葉原が3倍以上多い結果になった。

なぜチェックの服を着るのか尋ねてみると「なんとなく・・」と、ほとんどの人が無意識にチェックを選んでしまっているようだ。

ここでどんな服装が相手の印象に残るか実験を行った。
4人の男性に4タイプの柄のシャツを着てもらい、スピーチを行う。
対面したリスナー(被験者)に後から4人の着ていたシャツの柄と色を当ててもらうというものだ。
4タイプは「無地一色」、「ドット柄」、「ストライプ」、「チェック柄」。
実験の結果は、ほぼすべての被験者がチェック柄のみ正確に思い出すことができなかった。
専門家によるとその理由は、意識的に覚えようとしていない場合、複雑なものほど記憶に残りにくいため、4タイプのうち最も複雑な柄であるチェック柄がもっとも記憶されにくいということだ。

上記の専門家は、オタクにチェック柄が好まれる理由を以下のように説明している。
「チェックは他の柄に比べて印象に残りづらく、目立たない。その為、普段人から注目を浴びたくない場合チェックを選んでしまう傾向がある。」

赤やピンクの無地のシャツを着るのに勇気がいるが、チャックになると全体がぼやける為、着られるという人も多い。
チェックはシャイな性格のオタクが無意識的に選んでいしまういわば保護色のような柄なのだ。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部