学生時代に夢中になった男性アイドルは?

2/10放送の笑っていいともで、「学生時代に夢中になった男性アイドル」が特集された。
「あらゆるギャップを比べタワー」という企画で、あるテーマについて、アラゆる世代(20~60代)の女性を対象に100名に事前にアンケートを実施し、世代間のギャップをクイズ化したものである。
この日はレギュラーメンバーの、タモリ・笑福亭鶴瓶・山口智充・チュートリアル・ロッチ・佐々木希に加えて、山本リンダと西城秀樹がゲストとして登場した。

今回のテーマは、「学生時代に夢中になった男性アイドルは?」というもの。
各世代の女性に調査した結果は以下の通りである。

20代
1位 SMAP
2位 嵐
3位 KinkiKids
4位 V6
5位 KATーTUN

30代
1位 光GENJI
2位 SMAP
3位 少年隊
4位 チェッカーズ
5位 V6

40代
1位 近藤真彦
2位 田原俊彦
3位 チェッカーズ
4位 少年隊
5位 シブがき隊

50代
1位 西城秀樹
2位 郷ひろみ
3位 沢田研二
4位 野口五郎
5位 フィンガー5

60代
1位 舟木一夫
2位 橋幸夫
3位 西郷輝彦
4位 ザ・タイガース
5位 加山雄三

(各世代の既婚男性100人にアンケート、番組調べ)

徳井が「ゲストの西城秀樹さんは絶対に入っている。入っていないとおかしい!」と宣言し、見事に50代の1位と正確に言い当てた。
その西城秀樹は、球場でのワンマンコンサート、武道館でのソロコンサート、アイドル歌手のアジア進出、コンサートの際のペンライトを振ることなど、日本の音楽シーンで数々の先駆けとなった。

20代は全てジャニーズという司会の山口のヒントをもとに、西城秀樹は「タッキーアンド翼」と答えたが、ランク外で不正解だった。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部