松居直美が息子の成長を感じる瞬間・・・。

坂本冬美を筆頭に数多くのモノマネレパートリーを持つ松居直美。
フジテレビのモノマネ番組のADと結婚し、男児をもうけた。
教育方針の違いから離婚を経て、シングルマザーとして奮闘している。
そんな松居直美だが、最近は息子からダメ出しをくらう日々だという。
松居: 直樹(息子)も中学1年生で舞台は、もうずっと毎年見に来てくれてたじゃない。もうどんどんどんどん、母親にダメだしをしてくれるようになっって・・・。ある日歌の時に私音をはずしちゃって、家に帰って「直樹、ママ今日ね歌で音をはずしちゃったんだよ。」って言ったの。
磯野: 全然気づいてないわ私。
松居: 直樹も一緒にいたんだよね。その時。で、「今日、音をはずしちゃったんだよね」って言ったら「あー・・。何かちょっと、いつもと違う感じはした。」
磯野: えー!!すごくない!?
松居: 「やっぱりねぇ。」って言ったら、「でもオリジナリティーがあって良いんじゃない。」って言うの
磯野: かわいい
松居: 「でも、音階にオリジナリティーを入れたら駄目なんだけど。」って私は思うんだけど
一同: (笑)
松居: 「あぁ、そう?」「オリジナリティーを入れていったほうがいいよ。」って言うの。「ママは似せよう似せようと思うから、そのプレッシャーで緊張しちゃうんだよ。それが、見ている人にも緊張が伝わっちゃうんだよ」
磯野: ものまね番組の時なんかね。
松居: だから「歌でも、緊張感がお客さんに伝わっちゃってる、だからね由美ちゃんや貴理ちゃんみたいに、あの二人みたいに楽しく歌えば良いんだよ」って
磯野: (笑)
だって、音程とかさ気にしようとは思うんだよ。そりゃ思うけれども、どうにもならないこともある。私はそう歌っているつもりでもさ、なんか違和感?聞いている人が・・?私はないのよスコーンと歌っているからね。
すごいね。直樹君、大人だね。
(早く起きた朝は 引用)
母親の発する音の違いを感じ取り、母親の心境を洞察し、的確にアドバイスをくれる息子。
松居直美にとっては母親冥利につきるのだろう。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部