哀川翔と俳優・中野英雄の出会い、伝説にもなっているその時の出来事とは・・・。

俳優や歌手として活躍している哀川翔。
近頃ではバラエティー番組にも頻繁に出演し、さらに活躍の場を広げている。
そんな彼が「劇男一世風靡」に誘った俳優中野英雄とのエピソードを語った。
二人の出会いは壮絶なもので伝説にもなっていると言うが、その出会いとは・・・。
(以下引用)
ぐっさん: 古いですね。お二人のお付き合いは・・・。
哀川  : 古いね。
中野  : 僕が16歳の時からですから・・。僕が今45歳ですから。
哀川  : 俺が19歳のだもんね。
ぐっさん: はー・・。どういう出会いだったんですか?中野さんとは。
哀川  : 阿佐ヶ谷のガードの下に十何人でたむろしてたんだね。それで、サファリってか衣装をさ、子供なのに着てるんだよ。
頭パンチパーマかけて。「おかしいだろ、お前。子供がそんなの着ちゃ」って言ったら、『なに!!?』って言って(中野が)出てきたの。
中野  : 言ってみれば、暴走族がたまっているみたいなもんですよ。
ぐっさん: それに、なんと言うか(哀川さんが)注意(した)みたいな。パッと言ったわけですか?
哀川  : そう。
中野  : それで、ケンカして負けちゃったんです。僕が
哀川  : 3秒です。
ぐっさん: うわー・・・。そういうのが伝説で残っているんですね。
中野  : それから、仲良くなって。まぁ兄貴分みたいになって、僕らがピッタリくっついていくようになって僕らの仲間が皆、翔さんのところに行ってたんですけど・・・。先輩に風見しんごさんがいるんですよ。
(にじいろジーン 引用)
ドラマや映画でもチンピラ風の役が多い哀川翔だが、実際の喧嘩も強かったようだ。
中野は3秒で負けてしまったと言うことで、伝説にも残っているとのこと。
中野はそのことがきっかけで、哀川にベッタリになったようだ。
後輩を子分のように扱う哀川だが、この喧嘩の影響が多分にあるのだろう。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部