PLΛTINUMのニューシングル「Tears of rain 」に込められた失恋の秘話?

女性の3人組コーラスグループ「PLΛTINUM」。
YUCCO、Ina、wakaの幼馴染3人で音楽活動をスタートした。
2010年4月21日発売のニューシングル「Tears of rain 」は「音風♪」の2月度オープニングテーマを飾った。
片想いを歌ったこの曲にはYUCCOの忘れられない失恋秘話が関係しているというが…
YUCCO:これは片想いの曲なんですけど、自分の愛する人には別に愛する人が他にいて、その二人の幸せを、口では「幸せになってね」って言うっていうか、思うんですけど、本当の心の中は愛する人の幸せを願いたいのに願えない、という心の中の心境というか、切ない気持ちを歌った曲です。
MC RYU:切ないね!
waka:好きだったらそうなるよね。なりません?自分が好きだったら相手に(別に好きな)相手がいたら「幸せになってね」なんて…。わたしの気持ちはどこいくの?って感じになるじゃないですか。
MC RYU:まさにそう!これは人生ずっと永遠のテーマですね…
(音風♪ より)
もうこれ以上進むことのない、でも消し去れない苦しい恋心を綴ったバラード。
好きになっていけない人を好きになってしまった、女性の心の葛藤を音楽でも表現しているという。
YUCCOが好きになってしまった人は妻帯者だったのだろうか。
2010年2ボーカル1MCから3ボーカルのコーラスへと変貌したPLΛTINUMの今後に注目したい。

人気記事:

この記事をTwitterでつぶやく

「てれおち」は、テレビ番組に関するニュースサイトであり、番組情報や放送内容に関する情報サイトです。

サイト情報についてはこちら。
About 「てれおち」

ご連絡やご寄稿はこちらから。
てれおち編集部